ブログネタ
東京都など首都圏の歯科医院案内 に参加中!
『歯石取り』の苦痛を和らげる
個人差はありますが『歯石取り』は苦手、という患者さんはかなり多いと聞きますが、今回はこの苦手意識を少しでも和らげることができれば、というお話です。

『歯石取り』とは
歯石は、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)がかたく石のようになった状態で、歯周病の大きな原因になるといわれています。これは日々のブラッシング(歯磨き)では全く除去出来ません。ですから定期的に歯科医院で取り除くようにしなくてはなりません。ところがこの『歯石取り』はけっこう痛くて苦痛だ、という患者さんが多いそうです。歯の表面についた歯石を機械で除去するだけなのですが、音や振動、痛み、出血をともない『チクチクする』などと感じるた方がいるためだと思われます。歯科医師はこんなときどのような対応をするのか、院長に聞いてみました。

『歯石取り』に対する対応
歯石取りの機械や治療法を変えることはできませんが、歯石が沢山付着している方は、いきなり機械による歯石取りを行なわないこともあります。初回は電動ブラシなどでやさしくクリーニングします。そうすると歯の汚れがかなり落ちます。これによって歯の周りの炎症が少し治まり、次回に機械による歯石取りを行なっても少しは出血を少なくすることが出来ます。

さて、少しはご心配や苦手意識は軽減できましたでしょうか?

※上記は一般的なアドバイスであり、個人差があることをご承知置きください。