ブログネタ
東京都など首都圏の歯科医院案内 に参加中!
あなたの歯や歯ぐきの状態をご存知ですか?


『みなさん、自分の歯が何本残っているかご存知ですか?』唐突な質問ですが、これに正確に答えられる方が実際何人ぐらいいるのでしょうか。

歯周病は慢性の歯周組織の病気です。程度の差はありますが、たとえば日本人の成人でいえば罹患率は80%とも言われているぐらいです。歯周病になるとどうなるか、書物やメディア、ネットなどをとおして皆さんもよくご存知だと思います。また歯周病予防には、毎日の歯磨きや定期的なクリーニングなどが有効であることも当然ご存知の方が多いはずです。

ところが現在のご自分の歯の状態をよく周知されている方は意外に少ないのではないでしょうか。そして歯医者さんから『毎日歯磨きをしていますか』と聞かれても、『毎日ちゃんと磨いていますよ』と多くの方はお答えになるのではないでしょうか。では本当に磨けているのでしょうか???

自分の歯や歯ぐきの状態を知る
まずご自分の歯や歯ぐきの状態を正確に認識することからスタートしましょう。プラークがどれくらい着いているかは専用の薬剤によって検査することが出来ます。プラークがついていると歯ぐきが真っ赤に染まるようになっているので一目瞭然です。『私は大丈夫』と思っている方も一度検査してみてください。歯周病は初期のうちはほとんど自覚症状がありません。

毎日のブラッシング
そして次は毎日のブラッシングです。歯磨きは寝る前が最も有効と言われています。最低10分から15分位は正しい歯磨きをしましょう。『自分は大丈夫』と思っている方も念入りに、鏡を見ながら歯や歯ぐき全体を隅々までよく磨きましょう。できればかかりつけの歯医者さんに正しい磨き方をしっかり教えてもらうといいと思います。

定期的なプロによるクリーニング
またブラッシングだけではどうしても落とせない汚れなどは、歯科医師や歯科衛生士などのプロによるクリーニング(PMTCなど)を定期的に受診するとひじょうに有効です。

まとめ
このようにメンテナンスを続けても、歯は毎日酷使しているので、歯周病を完全に防ぐのは至難の業です。でも進行を遅らせることには充分効果があるはずです。長い年月の間に実行している人とそうでない人ではは取り返しのつかないような大きな差が生じてしまいます。(恐!)

みなさん今日から始めて見ませんか。

※上記は一般的なアドバイスであり、個人差があることをご承知置きください。